2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

こめこめおめこ

1 ::2022/04/09(土) 17:03:33.31 ID:dn3NmSum.net
タンクトップで
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2021/10/qZmcbnwBgxE30SPopt8A-e7b31a2f08ef263e7f0ef94cde62be4a.jpg
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2021/10/qZmcbnwBgxE30SPopt8A-b3ab5bcec4c2974515b03132a244bdb1.jpg
はさみちち
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2021/10/qZmcbnwBgxE30SPopt8A-f957d5c6b8b37113422efac55aace994.jpg
2by2
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2021/10/qZmcbnwBgxE30SPopt8A-87d1d0497f9cbdbef505a8f6dff9eeb5.jpg

2 ::2022/04/11(月) 12:10:28.71 ID:HviliB5Q.net
ヤンマガグラビアに登場した現役女子大生 林凛
https://pbs.twimg.com/media/FFlLGoMagAAAO16.jpg
https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/RwfQ/nm/RwfQnMwJ7k-KC-04DPyRuENGEbnFW1yKBZX5wsIELx4.jpg?width=700&disable=upscale&auto=webp&quality=80
しかしこれはえっち
https://blog-imgs-101.fc2.com/e/r/o/erog/nyeskura_20181023_028s.jpg
https://blog-imgs-101.fc2.com/e/r/o/erog/selfie_20190423_023s.jpg
https://blog-imgs-101.fc2.com/e/r/o/erog/selfie_20190423_026s.jpg

3 ::2022/04/12(火) 08:09:56.86 ID:OY4awpz6.net
「ね、最初からあたしを好きだと言ってればよかったでしょ」あたしは上から少年のペニスをくわえた。袋から立っている部分まで舌を這わせた。少年はすでに学習を終わって両手であたしの大きな尻を抱えて、クリトリスを噛んでいた。 「キスはこうするのよ」あたしは少年の下になって唇を受けて少年に舌を吸わせ、そしてまた少年の舌を吸った。「初めてよね? 入れてみる? 毛が多いからわかりにくいけど、一番下のほうよ、濡れているところ」あたしは少年のペニスを取って、愛液に浸して、膣口にあてがって彼の腰を引き寄せ た。「ああ入ったわよ、すごいいいオチンチンよ」「あたしのオッパイなんか吸いながら腰を動かしてみて」「ああ そうよ そうよ いいわ!」しかし意外にも早く終わりが来た。30秒くらいで少年が「ああ!」と絶叫して、あたしの膣の中に精液が飛び散った。

4 ::2022/04/15(金) 08:47:46 ID:IbFEE8AM.net
舌が乳首に触れると、 「っあ‥!」 ‥と、悲鳴を上げていました。 やり返そうとしたのか、イケメンは自分の空いている両手を私の乳首にもっていこうとしますが、私はそれを軽くかわし、乳首を上から舌で潰してグリグリ。 反対の乳首も、左手の中指と人差し指で、さんざん虐めてあげたあと、彼のアソコへ。 舌で乳首を捕らえたまま、握った彼のアソコは、若いだけにものすごく熱くて硬かったですね。 1回軽くしごいただけで、我慢汁がかわいそうなくらい溢れ、私の指に纏わり付きました。 「‥ぅあっ‥!」 苦しそうにのけ反るイケメン。 そのまま強弱をつけてしごいてやりましたが、少し強めに手をカリまで持っていった時がすごく気持ち良さそうでしたね。

5 ::2022/04/16(土) 06:46:06.13 ID:hDNGf/SM.net
津川 「美園さん、エロいよぉ」 チンポから離れ、ブラジャーを取り、べっとりのキスから、オッパイを秋仁クンの顔に押し付ける。 秋仁クンは乳首を探り当て、含む、舐める、噛む。 秋仁クンの頭を抱え、悶えまくる私。 ぐしょぐしょのあそこ。 パンティも脱ぎ捨て・・・。 私 「秋仁クン、入れるよ!」 思い切り腰を下ろす。 勝手に上下に腰が動く。 アップにしていた髪をほどき、振り乱し、絶叫していました。 秋仁クンの腹筋に力が入り、それがチンポに伝わり子宮に当たります。 私 「あ、おぉぉうゥゥゥあぁぁぁぁ」 涎を垂らし、イッちゃいました。

6 ::2022/04/17(日) 13:32:06 ID:1C3mbXEo.net
まんこ

7 ::2022/04/21(木) 05:46:58 ID:5rpgEmYK.net
「どこに出す?」

「今日は大丈夫」

私が告げると彼は腰の動きを一段と激しくして私に覆いかぶさってきた。
私も彼の腰にしがみつき、歓喜の瞬間を待った。

「イクッ、ウッ・・・」

耳元で呻くと同時に彼のモノが脈動し、私の奥深くに温かな精液を注ぎ込んでくれた。

「いいっ、イクッ」

私はしがみつきながら、彼のモノを離さないように締め付けていた。
主人以外の男性の精液を受け入れたのは初めてだった。

8 ::2022/04/22(金) 08:25:05 ID:vwjjLreK.net
「先生、したいです」

そしたら、「だめだ」って言うんです。
ここまで来たらやるしかないのに!

とにかく先生にやる気になってもらおうと思って、頑張ってフェラをしました。
初めは「やめなさい」とか言ってた先生も、私の頭を押さえて「うっ」とか言い出して顔射。
私はそのままフェラを続けて、パンツだけ脱いで先生に跨がりました。
先生のはほんとに大きくて、入れた途端にイキそうになりました。
そのまま騎乗位で、「あっあっ、はあん」とか言いながら腰を振ってたら、先生が下から突いてきました。
もう私は膝がガクガクでイッてしまいました。
先生は私の中に出しました。

9 ::2022/04/25(月) 10:00:53.06 ID:8wKkPlxa.net
こんなまりちゃんのおぷぷ

https://blog-imgs-143.fc2.com/e/r/o/erog/erotic_image_20210307_thumb.jpg

10 ::2022/04/27(水) 15:29:08.11 ID:CRZeBA3E.net
「稲村は白のTシャツにピンクのピタピタのレギンス姿。天井から吊るされた布に右足を引っかけ、さらに右腕を大きく上に伸ばし脇腹をストレッチさせています。そのため上半身は張り出された推定Dカップのバストラインが大きく盛り上がり、これだけでも興奮モノなのですが、注目されたのがその下半身でした。吊るされた右足の一方で左足はピーンと張って床につき大股開きになっていることから下腹部が剥き出し状態で、これでもかというほど大事な部分がコンモリと盛り上がっているんです。しかもレギンスのスジがちょうど下腹部の縦スジの部分に重なるという、妄想を掻き立てるのには十分なショットになっています」(エンタメ誌ライター)

これにネット上では《亜美ちゃん、あの部分が思い切り張り出しちゃって…イヤラしいカラダしてるなあ》《レギンスが食い込み過ぎ!》としたうえで、“スジが完全に割れ目ちゃんに見える”などと大興奮の声が飛び交ったのだ。

11 ::2022/05/02(月) 09:53:43 ID:QoDRDXB9.net
草野さん
https://livedoor.blogimg.jp/pururungazou/imgs/b/1/b1405b9b-s.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/pururungazou/imgs/1/8/1886d441-s.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/pururungazou/imgs/8/c/8c065b5b-s.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/pururungazou/imgs/8/9/89627e6f-s.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/pururungazou/imgs/7/e/7e8e9ceb-s.jpg

12 ::2022/05/06(金) 13:48:31 ID:SjRbMncT.net
ヌラリとする舌が根元からカリ部まで舐めあげる、何度も舐めあげたあと亀頭の周りを舐めては口に含んで吸い上げた。
「べろ・・・レロ・・むぐ・・ちゅばっ・・・」
ペニスをすする義母の淫らな音が響いてゆく。頭を振りながら口一杯にペニスを頬張る義母の姿に、ペニスもう痛い程固く強張っていた。
そのペニスを強く吸いたてられ、心地よさに呻きがもれてしまう。
「あぁ・・いい気持ち・・・ふうぅ・・・義母さん・・僕も舐めさせてよ」
「ええ、いいわ・・・一緒に舐めあいましょう」
真美江は身体の向きを替えると、浩太の顔を跨ぐようにして浩太の上に四つん這いになった。

13 ::2022/05/17(火) 15:29:12 ID:BevwqSuV.net
「これの名前をちゃんと言いなさい」
「……ペニス」
「おチンチンだろ。言え」
恥ずかしい。羞恥心にまた涙ぐみました。
「…おチンチン…入れて下さい。」
「『まりのマンコに』だろ。」
「まりのマンコに、おチンチン入れて下さい。」
「先生の名前知ってるな?呼び捨てでいいから先生の名前入れてもう一度。」
「…光伸のおチンチン、まりのマンコに入れて下…さい」
「ちゃんと先生の顔見て言え。上目使いに見上げてみろ」
恥ずかしくて恥ずかしくてまた涙が溢れてきました
「光伸の…おチンチン…」
羞恥心に頬が上気します。先生の目を縋るように見つめて吐息で囁きました。
「まりのマンコに…入れて下さい!!」

「まりが悪いんだ!まりのせいだ!!」
何度も突き上げられ
「あんっ、あんっ、先生、いっちゃう!いく!!」
頭が熱くなり訴えると、先生に腰をぐいっと持たれてパンパン!と数回腰を打ち付けられ、次の瞬間何も分からなくなりました。

14 ::2022/06/01(水) 05:45:46 ID:BKGR6HnH.net
「どうだ、直子・・まだ俺はいってないから、まだまだお前を悦ばせてやるぞ」
「ああん、だ、だめぇ・・もう、ひぃ・・ひぃぃ・・くうっ・・ううっ・」
直子の差し出された尻肉を抱えながら、その間に潜む肉裂にペニスがピストン運動を繰り返す。
「直子のオマンコがヌルヌルだから、まだまだ辛抱できるな・・ほら、どうだ、また感じてきたんだろ」
たっぷりと張った直子の白い尻肉を掴むと、指の間から肉が柔らかにもりあがる。
河口は腰を激しく動かしたと思うと、今度はゆっくりと抜き差しをしたり。リズムを変えながら直子の肉壷を念入りにペニスでかき回した。
「ああん・・い、いやぁ・・もう・・いく、いくぅう! ああん・・」
一度上り詰めた肉体は新たな悦びにすぐに絶頂に達するのだ。
直子は河口のペニスでむりやりいかされてしまうのを絶える事が出来なかった。
「ほら!、ほら! いかせてやるよ!・・どうだ!」
ズボズボとペニスが肉壷をかき回す音が響き、直子の喜びの声が再び夫婦の寝室に響き渡る。
「ああん・いく、いくぅぅ・・だめぇ・・もう、いくぅうぅぅ」
直子は上り詰めながら河口の放出を望んだが、河口は直子を狂わせるだけで自分はまだ剛直を保ったままだった。
「はは・・すごいいきっぷりだな。そんなに感じてると身体がもたないぞ!」

15 ::2022/06/03(金) 14:09:32 ID:iA4gJFWt.net
「いれるぞ・・」
舘脇のペニスが智子の肉裂に触れた。
つるりとした赤黒い亀頭の膨らみがゆっくり智子の膣壁を広げながら埋没してゆく。「あ・あぁ・・」
全身を粟立たせるような快感と充実感に智子は布団を握り締めた、
舘脇のペニスが根元まで智子の膣内に納まると、二人は性器でつながりあったまま、お互いの肉の感触を味わうようにじっとした。
智子の膣壁が思い出したようにペニスを締め付け、舘脇の肉竿もそれに反応するように亀頭が固く膨れ上がる。
「ああ・・いい気持だ。奥さんの穴は最高だな・・名器というのはこういうのを言うんだな・・・はぁ・・」
舘脇はじっとしているだけで心地よく刺激を与えてくる智子の膣感によいしれた。
「はぁ・・部長さんのも・・ああん・・とても・・太くて。こんなに感じるなんて、・・初めて・・はぁん」
舘脇は智子の臀部をわしづかみにしたまま、ゆっくりと腰を使い始めた。

16 ::2022/06/09(木) 08:49:18 ID:fpjgg2Y6.net
「どうだね、気持ちいいだろう。」
両脚をマッサージされると、たしかに心地よかった。
しかしマッサージしながら鬼河は、恵の脚をM字に開いてゆきながら内腿の付け根までゆっくり指圧してくる。
両足を開かされた姿に恥ずかしさと興奮で、自分でも止めようのない欲情が膣奥から溢れてくるのを感じる。その柔らかくふっくらと盛り上がる恥部に鬼河の熱い視線が突き刺さるほど感じた。
「あぁ・部長さん・・恥ずかしい・・」
恵は顔を背けて鬼河の愛撫を受けいれてゆく。
鬼河の指が股間部分に近づいてくると、恵はいよいよ女の恥部を触られると覚悟するのだが。指は内腿からまた太股の方へと戻ってゆく。
「ふぅ・・」

17 ::2022/06/09(木) 17:51:32 ID:3NwqlakZ.net
鬼河は恵の両手首を掴んで、万歳をするように押さえつけると。恵を見下ろしながら腰をグイグイ使ってくる。
淫靡な肉の音がベッドの上に響き、恵は狂ったように鬼河の下で裸身をくねらせた。
「はぁ・・いいきもちだ・・奥さんのオマンコは本当に最高だ・・子供を産んだとは思えないほどだな・・それとも、河合君のチンポが小さいのか?」
「ああん・・いや、・・主人の事は・はん・・いわないで・・ああうっ・」
鬼河の女を狂わせる抜き挿しの仕方や、言葉でいやらしく囁きかけてくるセックスは。夫では味わった事のない、刺激と興奮に満ちたいやらしいセックスだった。
セックスがこんなに気持ちよく狂わせてくれるとは思わなかった。
「奥さん・・どうした、もういきそうなの?」
鬼河が恵を覗き込みながら腰を力強くぶつけてくる。
「あん・・はぁん・・ひっ・・い、いいの・・もう、いきそうなの・・ああん」

18 ::2022/06/15(水) 18:26:31.45 ID:88t+Ngo/.net
「はぁ・・ふう・・いやらしい奥さんだ、娘が居るのにチンポを欲しがるんだからな」
「はぁん・・あん・・だ、だって・・我慢できなくて・・ああん」
鬼河も抜き差しの度にヌルヌルとペニスを擦り付ける恥肉の感触に呻いた。
恵も娘がいるから密かに悦楽を味わうつもりだったが、一度昂ぶった情欲の炎は抑えることができなかった。
鬼河のグロテスクな凶器が恥肉を刺し貫く度に淫らな声を上げた。
鬼河も恵の腰を掴んでグイグイと上下に揺すり、自分の上に跨って身悶える人妻をゆっくりとソファーの上に横たえてゆく。
ソファーの上で横たわりながら鬼河のペニスは止まることなく淫裂をかきまわしてくる。
「ひっ・・ひっ・・ああん・・だめぇ・・だめぇ・・」
恵は鬼河のペニスがグリグリと膣内を広げるようにかき回すと、全身を蕩けさす快感に娘の事さえ忘れて甘く甲高い悦楽の声をもらした。

19 ::2022/06/17(金) 12:45:25.93 ID:TrOyS7gQ.net
「ふぅ・・さすがワシのチンポをいつも舐めているだけあるな・・ゾクゾクするぞ!」
娘に見せるというより、恵は興奮から進んでフェラチオをしてゆく。
亀頭の周りを何度も嘗め回し、玉子のように膨らむ亀頭を口に頬張る。唾液をたっぷりとペニスにたらすと、しなやかな指でその肉竿をヌルヌルとしごきたてる。
「うむぐ・・じゅるっ・・・チュッ!・・・むぐ・・・うご・・・」
鬼河のペニスを喉の奥まで呑みこんでは、頬をすぼめながら引き抜いてゆく。髪を揺らし、興奮した顔で鬼河のペニスをしゃぶり続けている。

20 ::2022/07/16(土) 11:22:47 ID:riGwTNG0.net
神乳
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-48cb8925ecc56fc868f34c9d859ff6d2.jpg
ぬるり
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-e6fa939c79eebc31ca33ca13829ad9dd.jpg
ローションで
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-f45f013c503e236281218932a869716d.jpg
なめっ
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-d3234e8f0f586c08a84ffa4f41ed64a1.jpg
いいぃっ
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-afb33533ac827ec9bf9ee9fbdcacfb82.jpg
ズンズンっ
https://oppai-doga.info/wp-content/uploads/2022/07/oOou94EBf61ApE4OL3b9-28d636559056ac7d837e2ee3d0ee55d2.jpg

21 ::2022/08/03(水) 16:27:00 ID:J4YbsJDf.net
はみまん
https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/ass_20220801_thumb.jpg
サドル
https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/Otsu_Alice_20220726_package1s.jpg

https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/ass_20220801_002s.jpg
ヒップ
https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/ass_20220801_004s.jpg
そう
https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/ass_20220801_011s.jpg
いいっ
https://blog-imgs-155.fc2.com/e/r/o/erog/ass_20220801_020s.jpg

22 ::2022/08/11(木) 13:01:36.93 ID:xSzCphHl.net
きゅっ と
https://livedoor.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/d/9/d9652d34-s.jpg
むちっ と
https://livedoor.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/a/f/af214864-s.jpg
ひっぷ
https://livedoor.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/1/6/16528748-s.jpg
えっち
https://livedoor.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/d/d/dddddfe9-s.jpg

23 ::2022/08/11(木) 18:58:27.11 ID:xSzCphHl.net
「き、きてぇ・・あぁ・・あなたぁ・・あぁぁん・・・くうぅぅ・・」
夫に抱かれながら、瞳は絶頂の声を上げる振りをしていた。
純一はペニスを割れ目から引き抜き、瞳のお腹の上に何度も放出してくる。
(あぁ・・あなた・・中でだしてもよかったのに・・・)
避妊しているから中でも大丈夫なのにと瞳は思ってしまう。
「はぁ・・はぁ・・はぁ・・瞳・・・はぁ・・」
「あぁん・・はぁ・・はぁ・・・なぁに・・・・はぁ・・・」
感じてもいないのに、逝った振りをするのは辛かった。
「疲れてるのかなぁ・・・ふぅ・・・はぁ・・・なんだか、今日は瞳のここが妙に柔らかくてなんだか締まりを感じなくて・・ふぅぅ・・」
夫の言葉に瞳はドキリとした。
昼間、太い安井のペニスを何度も咥え込んだせいか瞳の膣が広がっていたのだ。
「疲れているんじゃないの・・はぁ・・・私も、久しぶりだから・・ふぅ・・・」
(あぁ・・あなた、ごめんなさい・・・もう、前の私じゃないの・・・ごめんなさい)

24 ::2022/08/14(日) 10:37:35.41 ID:W2z8NSOK.net
東雲うみ
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/9/6/96cbafba-s.jpg
ヒップ100
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/3/6/36c6d39e-s.jpg
おっぷも
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/e/7/e7c593a4-s.jpg
またヒップ
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/a/0/a0923d3b-s.jpg
メガネも
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/0/9/09f98b04-s.jpg

25 ::[ここ壊れてます] .net
アイドル並みのチア
いいっ
https://pbs.twimg.com/media/FaBuZ9DUUAAAgr7.jpg:large

https://pbs.twimg.com/media/FaBnW3wUUAIoqBi?format=jpg&name=large

とっても いいっ
https://pbs.twimg.com/media/FaBrTMxaAAAYXjG?format=jpg&name=large
脇の下も そう
https://pbs.twimg.com/media/FaBdPBvaUAA2JwT?format=jpg&name=large

26 ::2022/08/19(金) 16:15:38.58 ID:E4OH7IyF.net
そうパンチラまりちゃん うっ
http://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2021/04/210414b_0006-580x966.jpg
http://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2021/04/210414b_0007-580x898.jpg
http://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2021/04/210414b_0009-580x1030.jpg
http://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2021/04/210414b_0012-580x773.jpg

27 ::[ここ壊れてます] .net
そう
まりちゃんと こう
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/5/f/5f0bc97e.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/a/d/adfee5c6.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/f/8/f8881468.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/1/8/18419252.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/8/5/85d8b0fe.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/2/d/2d8e1909.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/c/7/c7759ce7.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/9/0/90c8050f.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/f/e/fe088ca5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/7/5/75f370a5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/1/a/1ae967ac.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/3/1/318c9f63.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/e/f/ef99e146.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/0/f/0fdf3a24.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/7/e/7e12d7b7.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/0/5/0575db5d.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/3/1/3171b3d3.jpg

28 ::2022/08/25(木) 20:48:12.01 ID:FX/UYpr4.net
原つむぎ 下乳
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0002-580x871.jpg
むんぎゅ
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0003-580x871.jpg
うむっ
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0004-580x871.jpg
そう
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0005-580x871.jpg
そこ
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0006-580x871.jpg
いいっ
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220806a_0015-580x326.jpg

29 ::[ここ壊れてます] .net
「はぁ・・すごいや・・これが母さんのオマンコなんだ・・」
母の目が潤み、頬を染めながら息が荒くなっていた。
俺に覗き込まれながら、母は夢中で自分の割れ目を弄っている。
母の指先が膨らんでいるクリトリスを撫でまわし、その後膣内に指を差し込んでゆく。
「母さん、オマンコ濡れてるよ」
しなやかな指が膣をヌルヌルとかき回し、母の恥肉が指にまとわりつく光景が目の前で繰り広げられる。
「はん・・ああん・・いや・・光一の前で・・こんな事するなんて・・はぁ、はぁ・・」
母は恥ずかしさと興奮であえぐように呻いた。
「ああん・・光一そんな目で見ないで・・ああん・・母さん、変な気分になるわ・・」
母は割れ目に伸ばした手を淫らに動かしながら、我慢できないのかもう一方の手も使い始めた。
片方の手でクリトリスを弄りながら、もう一方の手は膣内に指を差し込んでかき回してゆく。

30 ::2022/08/29(月) 18:20:57.20 ID:kj/iYEBU.net
杭打ち
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220801h_0018-580x386.jpg
上で
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220801h_0019-580x1031.jpg
筆おろし
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220801h_0026-580x326.jpg
えっち
https://img.bakufu.jp/wp-content/uploads/2022/08/220801h_0034-580x326.jpg

31 ::2022/08/29(月) 18:58:39.10 ID:kj/iYEBU.net
そう

知那美ちゃんと こう

https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/5/f/5f0bc97e.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/a/d/adfee5c6.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/f/8/f8881468.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/1/8/18419252.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/8/5/85d8b0fe.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/2/d/2d8e1909.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/c/7/c7759ce7.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/9/0/90c8050f.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/f/e/fe088ca5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/7/5/75f370a5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/1/a/1ae967ac.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/3/1/318c9f63.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/e/f/ef99e146.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/0/f/0fdf3a24.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/7/e/7e12d7b7.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/0/5/0575db5d.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ge_sewa_news-geino/imgs/3/1/3171b3d3.jpg

32 ::2022/09/08(木) 08:21:41.51 ID:KxElrRET.net
現役巨乳JKとは
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/a/7/a7613eef-s.jpg

そう
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/f/1/f1dd5dce-s.jpg

いいっ
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/c/b/cbb2c6be-s.jpg
むちっ
https://livedoor.blogimg.jp/a_load/imgs/5/4/54484bcd-s.jpg

33 ::[ここ壊れてます] .net
上州屋山田米穀店留年中退くりとりす

34 ::[ここ壊れてます] .net
オバマ元大統領、国葬参列見送り

グローバリスト葬
負けウヨ

35 ::[ここ壊れてます] .net
「来て。 佳美のオマンコ、思いっきり串刺しにして」

狙いを定めて腰を突き上げると、心地よい抵抗感を感じながらズブズブと一気に根元まで嵌って行く。

「んぐう! 奥まで来てるぅ! 子宮まで来てるぅぅ!」

くびれた腰を抱えながら容赦なく打ち据えると、あまりの快感にのけ反り肢体を震わせてむせび泣く佳美。 大きな乳房がゆらゆら揺れて、長く伸びた乳首がマットを掃いている。 可愛い童顔を苦しそうに歪め、かぶりを振って耐えている様子が鏡に映しだされているのを見ると、さらに苛めたい、さらに嬲ってやりたいというサディスティックな欲望に支配されていく悠太。

「浮気はしないって言ったのに、この嘘つき女め! 佳美の淫乱マンコは男が欲しくて我慢できなくなるんだろ!」

22 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★