2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古人類学】新種のヒト属「ホモ・ナレディ」、樹上生活も道具使用か

1 :もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2015/10/07(水) 18:20:12.49 ID:???.net
新種のヒト属「ホモ・ナレディ」、樹上生活も道具使用か 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3062442


http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/5/500x400/img_b5b570698cfc98bc70521824772de230121104.jpg


【10月7日 AFP】絶滅した初期ヒト属の足と手の骨から、人類の祖先が木登り、直立歩行、道具の作製などの多様な能力を持っていたことが分かったとする2件の研究結果が6日、発表された。

 研究チームは、南アフリカの深い洞窟で約1500個の骨が発見され、その存在が明らかになった新種のヒト属「ホモ・ナレディ(Homo naledi)」により、現生人類に至る進化の道筋は一直線とする
考え方が覆されるとしている。

「ホモ・エレクトス(Homo erectus)」や「ホモ・ハビリス(Homo habilis)」など、ホミニン(ヒト族、類人猿を除く現生種と絶滅種の人類を表す用語)に分類される初期ヒト属の一種であるホモ・ナレディは、
類人猿と現生人類の両方の特徴を、他に類を見ないほど併せ持っている。

 小型の脳や低身長、湾曲した手足の指などは、類人猿由来の特徴を示している。

 だが、道具を扱える手や歩行に適した足は、約200万〜300万年前に現れた他の直立人類種の多くよりも、現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)に近いものだった。

 研究チームはまだ、ホモ・ナレディの骨の年代を特定できていないため、ますます複雑化する初期人類の年表のどこにホモ・ナレディが位置付けられるのかについては、正確には分かっていない。

 ホモ・ナレディの足に関する研究論文の主執筆者、ウィリアム・ハーコート・スミス(William Harcourt-Smith)氏は「だが、年代に関係なく、このヒト種は、行動と骨格の両観点からの人類進化の
考え方に革命的な変化を引き起こそうとしている」と指摘している。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表されたこの研究は、合計107個の足骨からなる、ほぼ完全な右足の分析により、ホモ・ナレディが直立と長距離歩行に
よく適応していたことを明らかにした。

 ハーコート・スミス氏は、声明で「ホモ・ナレディの足は、肩、頭蓋骨、骨盤などの体の他の部位より進歩していた」、つまり、進化が進んでいたと述べている。

 この組み合わせの結果として、ホモ・ナレディは、現生人類や同時代に生息していた他のどのヒト種ともわずかに異なる「別種の(直立)二足歩行」を行っていた可能性が高い。

「ホミニンの中では、さまざまな『実験』が数多く行われた。つまり、現生人類の歩行様式への道は、一直線ではなかったのだ」とハーコート・スミス氏は説明する。


■「奇妙な組み合わせ」

 同じくネイチャー・コミュニケーションズ誌に発表されたもう1件の研究では、英ケント大学(University of Kent)のトレーシー・キビル(Tracy Kivell)氏率いる研究チームが、同じ洞窟で見つかった
別のホモ・ナレディ個体のほぼ完全な右手の骨を調査している。

 調査の結果、ホモ・ナレディの手も足と同様に、他のどのヒト科動物にもみられない、原始的な特徴と現代的な特徴との混在が起きていることが分かった。

 論文は、手首と親指が「道具の意識的、常用的な使用」の明白な証拠を示していると結論付けているほか、同時に、細長い指は、その持ち主が木の枝から枝に飛び移るのに慣れていたことを
意味しているとしている。

 樹上で暮らす猿人と初期人類とに共通する身体的特徴をめぐっては、初期段階の進化の名残なのか、直立歩行を新たに始めたヒト科動物種に不可欠なものだったのかで、科学者らの見解が
分かれている。

 ホモ・ナレディの研究では、後者の説が後押しされている。

「ホミニンの手が複雑な操作に十分に適応してからも、まだ多くの時間を木登りをして過ごしていたホミニンもいたことを、この1本の手は示唆している」とキビル氏は指摘する。

 だが、多様な能力も、種の成功の保証にはならなかった。

 ホモ・ナレディは、ヒト属に分類される他の大半の初期人類種とともに、進化の行き詰まりを迎えた。「より完全に近いホミニン化石の最近の発見がわれわれに何かを教えてくれたとすると、それは、
骨格全体でみられる、より発達した現生人類的特徴とより未発達の猿人的特徴との奇妙な混在が、例外ではなく標準となっていた可能性が高いということだ」とキビル氏は話している。
(c)AFP/Marlowe HOOD

39 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/06(日) 06:05:11.90 ID:izPhbOM5.net
タイ人

総レス数 39
15 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★