2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アメリカ】罪の記憶をなくした高齢の死刑囚への刑執行は合憲か 米最高裁で審理 [10/08]

1 :SQNY ★:2018/10/08(月) 23:09:50.63 ID:CAP_USER.net
・罪の記憶なくした高齢の死刑囚への刑執行は合憲か 米最高裁で審理

【10月8日 AFP】米国で1人の死刑囚をめぐり、最高裁の判断が求められている。バーノン・マディソン(Vernon Madison)死刑囚(68)は、刑務所の中で2回の脳卒中を発症し、弁護団によれば、自身が犯した罪も判決理由も覚えていない。同死刑囚への刑執行は、「残酷で異常な刑罰」の禁止を明記した合衆国憲法に準拠し、倫理的で合法的なのか──最高裁の判断についてのカギを握るのは、9人目の判事のいすに座る人物だ。

 最高裁は2日、この問題がマディソン死刑囚以外にも適用される可能性を考慮し、弁護側の主張を聞く審問を開いた。米国の刑務所には高齢の死刑囚が多数収容されており、今回の判断が影響する可能性があるためだ。

 マディソン死刑囚は1985年、アラバマ州の都市モービル(Mobile)で、家庭内のけんかを止めに入ろうとした警察官の頭を銃で2回撃って死亡させた。だが最終的な判決が下されるまでには、9年を要した。

 同死刑囚は、2015年と2016年に計2回の重度の脳卒中を発症。現在はほぼ失明状態で、介助なしでは歩くこともできず、失禁もみられる。記憶力は著しく低下しており、アルファベットも暗唱できず、何年も前に他界した母親にしきりに会いたがっている。自身が犯した罪や死刑判決に至るまでの裁判の記憶もないという。

 マディソン死刑囚の弁護人を務めるブライアン・スティーブンソン(Bryan Stevenson)氏は2日、合衆国憲法修正第8条にのっとれば、衰弱して精神が混乱状態にある場合に刑を執行するのは「どう考えても人道的ではない」と最高裁判事らに主張した。

 スティーブン・ブライアー(Stephen Breyer)最高裁判事は、高齢の死刑囚の人数を考慮すると、今回のケースは、マディソン死刑囚以外にも当てはまる重要な問題だと述べている。

 全米で65歳を超える死刑囚の数は、2011年には全体の4%近いおよそ100人に上っている。
■カバノー氏の票で刑執行延期は認められなくなる可能性も

「多くの死刑囚は、40〜70代、場合によっては80代で死刑囚棟に入れられ、以来、20〜40年にわたって収容されている。今回のケースは今後、より一般的な問題となるだろう」とブライアー判事は指摘した。

 最高裁は、「残酷で異常」と見なされ得る刑罰から犯罪者を守る方針を長らく重視する傾向にあったが、広い意味では今回のケースによって、その判断自体が試されることにもなる。

 7月に退任した保守穏健派のアンソニー・ケネディ(Anthony Kennedy)元最高裁判事は、いくつかの重要な裁定で、修正第8条を広義に解釈する4人のリベラル派判事らの側に立ってきた。

 しかし、このたび最高裁判事に就任した保守派のブレット・カバノー(Brett Kavanaugh)氏は、4人の保守派判事側に立つとみられ、最高裁の保守化は確実とされている。ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に指名されたカバノー氏は、性的暴行疑惑をめぐって論争を呼び、6日に上院で人事案が可決されて最高裁判事に就任したばかりだ。

 今回のケースを判断する際の多数決でカバノー氏が票を投じれば、マディソン死刑囚に対する刑執行延期は認められなくなる可能性もある。(c)AFP

・Justices consider whether a man with dementia may be put to death
https://www.economist.com/democracy-in-america/2018/10/05/justices-consider-whether-a-man-with-dementia-may-be-put-to-death

(バーノン・マディソン死刑囚)
https://www.economist.com/sites/default/files/imagecache/640-width/20181006_USP506.jpg

(カバノー氏)
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/5/810x540/img_55238f85fc2b1fbf7b2f03a3bd4097d093774.jpg

(米首都ワシントンの最高裁判所)
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/8/810x540/img_58a0b7c11e7b1d6586971233e6912232142551.jpg

2018年10月8日 13:32 AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3192504?act=all

2 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:10:48.62 ID:PrpjgfZi.net
記憶にございません。

3 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:16:52.90 ID:OQC2gdZA.net
死刑なんて安楽死と一緒だろ
むしろ死刑やってほしいくらいだわ

4 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:19:57.29 ID:WNKNckJs.net
執行しなけりゃ不公平。

5 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:26:01.56 ID:NH9ngiby.net
なんで人格なくなった奴を人扱いするのかわからん

6 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:30:02.54 ID:Yhjk9Sb8.net
要はあれだ、呆けるまで待たずとっとと処刑しろと

7 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:30:59.19 ID:8+ykJcvD.net
仮に違憲の判決が出た場合、借金の記憶をなくした高齢者への督促は合憲か
とか言い出す奴が出て来るんじゃね?

8 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:32:53.85 ID:VIgJ6p/g.net
>>1
罪に対して責任を負う義務があるのは、物理的肉体ではなく、
人格、なかでもその記憶であると?

先々人間の人格の電子上への移植が可能となった場合、
記憶担当の素子が裁かれることになるのか。

9 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:35:50.25 ID:FMzvrPk6.net
もう人間として機能できないのならむしろ執行してやったほうがいいと思うが

10 :うひひ死刑宣告:2018/10/08(月) 23:37:34.14 ID:+z1M0qnp.net
すでに人として死んでいるのにまた頃すのか

11 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:39:49.49 ID:q4Y2HA/E.net
考えさせられるケースですね
私が死刑囚だったら、早く神の御許に送ってくださいと思うかも

12 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:40:43.95 ID:2XI9iNvz.net
なんていうか、もう殺してあげた方がこの人の尊厳守れるんじゃないの

13 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:40:49.96 ID:gtKR36Rn.net
おじいちゃんがサイコパスだったらどうすんだよ

14 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:42:56.82 ID:EGHshc6c.net
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:::::::;:;:ヽ.
  i;:;:;:;:;:/ノ-'-''"ヽ;:;:.:.:;:::::ヽ;:;|
  {;:;:;:;:ノ■■■   ■■■ヽ;;}
  ヽ;:;{    _   _    |;:{
   };:;|三/ ●),. 、(● ヽ三 |〈
   ヽ| " ゙='"/:::ヾ='"゙  | }  
   { |∫ ∴ (,.、::, )  ∵ |/   
    ゝ::●. .::人:人:::.:....!   
    {;;ヽ:.:.:..:::<Ξ>:.::.:.:.:/;}    
   / ヽ:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:/ \     
 /    |ヽ:.:.:.:.::::..:.:/|  

15 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:43:38.79 ID:4gYYDfIF.net
電気ショックで罪の記憶が飛んだらその瞬間執行停止するのか?w
じゃあ最後まで意識を失わないよう苦しめながら電気かけないとな

16 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:43:54.51 ID:IKu/e1mY.net
これがまかり通れば
多くの死刑囚が認知症のふりするだろう

17 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:43:54.54 ID:lp7kWYF7.net
安楽死が「残酷で異常」と主張するのかねぇ。形態は変わらない気がするけれど。

18 :七つの海の名無しさん:2018/10/08(月) 23:49:42.91 ID:lYjeu3Jd.net
何忘れとんねんボケ

総レス数 93
23 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★