2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【製品】JR渋谷駅に“無人カップラーメン店”登場 セルフで決済・調理、掃除はロボ任せ

1 :田杉山脈 ★:2020/02/13(木) 16:35:01.57 ID:CAP_USER.net
 エースコックは2月12日、JR山手線渋谷駅のホームに、ホールスタッフ・調理師・清掃員を置かない“無人ラーメン店”を期間限定でオープンすると発表した。店内にはカップラーメン2種を販売する商品棚の他、セルフ決済端末、ポット、ウオーターサーバを設置。顧客は商品を選んで決済し、湯を入れ、カウンター席(全5席)で飲食できる。店舗管理システムには、クラウドサービス「Microsoft Azure」を採用。クラウドやIoT、AIの技術を駆使し、省人化を実現した。

店舗名は「モッチッチ ステーション」。2月14日〜28日のうち、土日を除く11日間営業する。営業時間は午前11時〜午後8時。仕事などで多忙な女性がターゲットで、女性人気の高い商品「ラーメンモッチッチ ワンタン麺/野菜タンメン」を取り扱う。店内で飲食する場合、価格はいずれも212円。持ち帰る場合は2個セットで416円(ともに税込、軽減税率制度に準拠)。決済手段はSuicaとクレジットカード決済のみで、現金払いは不可。

商品棚の前に立った顧客をセンサーが認識。指向性スピーカーを使い、その人だけに聞こえる音で利用方法をアナウンスする。商品棚には機械メーカーのイシダが開発した“IoTはかり”を組み込んでおり、顧客が手に取った商品の数を自動計測し、金額を画面に表示する。

 決済が完了した後は、顧客が湯を入れる動作をカメラとセンサーが検知し、5分の調理時間を自動で計測する。顧客が座った席もカメラとセンサーが認識し、席に設けたタッチパネルに出来上がるまでの時間を表示する。

 テーブル上には米iRobotの掃除ロボ「ブラーバジェット m6」を配置。顧客がラーメンを食べ終わった後、タッチパネル上の「お掃除開始」をタップすると、机を自動で清掃する。

食品衛生法によって、飲食店には最低1人の食品衛生責任者が常駐するよう定められているため、完全な無人店舗とはせず、店内にはスタッフを配置する。ただしスタッフはバックヤードで待機し、下げられた容器の廃棄、ポットの水の追加、商品の在庫管理などの限られた作業を行うため、顧客の目に触れる機会は極めて少ないという。

 スタッフの業務効率化に向け、商品棚だけでなく、ポットやウオーターサーバの下にもIoTはかりを設置。商品在庫が少なくなった場合や、お湯と飲料水が減ってきた場合などに、業務用端末に自動でアラートを発する仕組みにした。

 商品と水の重さの集計、決済の処理と管理、カメラやセンサーと連動した待ち時間の計測――などのシステム基盤には、Microsoft Azureベースの小売業向けソリューション「Smart Store」を採用。店舗内にオンプレミス型のサーバを持ち込む場合と比べ、手間とコストを大幅に削減した。

商品開発やマーケティングに生かす
 日本マイクロソフトの浅野智氏(マーケティング&オペレーションズ部門 Azureビジネス本部 業務執行役員 本部長)は「店舗システムの構築は1カ月ほどで完了した」と明かし、「カメラで撮影した顧客の性別や年齢層を、AIで分析できる仕様にしている。個人を特定できない形で利用し、商品開発に生かすことも可能だ」と説明した。

 エースコックの村岡寛社長は、消費者に向けたメッセージとして「最新技術を詰め込んだ新しいショップをぜひ体験してほしい」と強調した。同店舗の運営を通して、両商品の売れ行きをテストし、今後のマーケティング戦略に生かすという。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2002/12/sh_ramen_01.jpg
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/12/news102.html

38 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★