2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【IME】「ATOK 2017」はディープラーニングで誤変換3割減、2月3日発売

1 :海江田三郎 ★:2016/12/01(木) 18:51:38.08 ID:CAP_USER.net
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1032839.html

株式会社ジャストシステムは3日、Windows用日本語入力ソフトの新バージョ
ン「ATOK 2017 for Windows」を発表した。2016年2月3日に発売する。Windows 10/8.1/7に対応する。

 希望小売価格は、「ATOK 2017 for Windows[ベーシック]」が8000円(税別)。
連携電子辞典などを同梱した上位版の「ATOK 2017 for Windows[プレミアム]」が1万2000円(税別)。
ATOK登録ユーザーが対象のAAA優待版なども従来通りラインアップされる。

ジャストシステムCPS事業部開発部の下岡美由紀氏は、今回ATOK 2017に実装されたディープラーニング技術を用いた
「ATOKディープコアエンジン」について、これまでATOKにおける2回の大きな転機に並ぶものとした。
 1回めは、1993年リリースの「ATOK8」に実装されたAIによる変換技術。当時はインターネットの普及が進んでいなかったため、
人手により50万もの用例を集めて知識を注入したという。
 次いで、「ATOK 2007」では、それまでのAI変換に、機械学習による統計的な自然言語処理を組み合わせることで、
複文節変換時における文節区切り位置や、同音異義語の分類の正確さが向上したという。
 今回発表したATOK 2017のATOKディープコアエンジンでは、正確性を伝える文章や、気持ちを伝える話し言葉など、
大量の日本語テキストをディープラーニング技術を用いて分析。コンピューター自らが学習し、自動的に日本語における特徴を抽出。
長年培ってきたアルゴリズムと組み合わせたという。

(以下略)

総レス数 155
32 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★