2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【政治経済】平成床屋談義 町の噂その717

197 :日出づる処の名無し:2018/05/18(金) 00:19:27.52 ID:QE0egtcjc
上出の祝賀式に(広義の)欧州から出席するのは、アルバニア、オーストリア、チェコ、
ハンガリー、ルーマニア、ウクライナ、グルジアだが、これらは一民族主義という意味での
ナショナリズム信奉諸国で、ドイツやロシアやオスマンといった帝国が大嫌いな国々ばかりだが、
そんな諸国が出席するのはどうしてかが、下掲のコラムを読むと何となく分かるよ。


(チェコとハンガリーについて言えば、) ドイツがリベラル・コスモポリタンの旗を掲げようと
帝国的姿勢でその他EU諸国等に臨んでいる以上、その干渉に抵抗するんだと。
・・・ from a liberal-cosmopolitan perspective that “sees 1989 primarily as an ideological triumph”
for universal values, “much of the politics of the past 10 years in Eastern Europe can only be
seen as backsliding,” with leaders like Viktor Orban “a symptom of political decay.”
But from the vantage point of those same countries, for whom independence itself feels hard
won and precarious, it seems strange that they should be expected to surrender to a different
form of empire just because it dresses its appeals in the language of universal liberalism
- especially when the language has a distinctly German accent.・・・
https://www.nytimes.com/2018/05/16/opinion/germany-europe-populism.html

348 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★