2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【悲報】生活保護見直し案、最大13%減、母子加算2割カット、困窮者に厳しく!これがアベノミクスだ

1 :日出づる処の名無し:2017/12/11(月) 11:50:06.05 ID:e2QWnlY0.net
<生活保護見直し案>最大13%減 母子加算2割カットも

厚生労働省は8日、生活保護の基準額に関し、食費や光熱費などの生活費の
見直し案を社会保障審議会の部会に示した。大都市部では減額となる世帯が多く、
カット幅は最大13.7%に上る。また、母子家庭に対する加算(母子加算)
については平均2割カットになる可能性があるとした。

厚労省はカット幅の大きい世帯については減額幅の縮小や段階的な実施などの
緩和措置を取ることも検討した上で2018年度から実施する。

基準額は最低限度の生活を営むのに必要な水準で、生活保護を受けていない
低所得世帯と同じ生活水準になるよう算出。生活費は5年に1度見直している。

厚労省は、現在の基準額と低所得世帯の消費実態を比較し、統計処理の異なる2案を示した。
それによると、「40代夫婦と中学生、小学生」(大都市部)の4人家族の基準額は
低所得世帯より最大13.7%高く、その分、引き下げる。共に65歳以上の夫婦の世帯も
10%超のカットになる。大都市部では多くは減額になるが、地方都市では増額となるケースもある。

一方、母子加算については、両親のいる世帯の生活水準と比較し、差額を支給する。
今回の試算では、子ども1人の場合で差額は1万7000円で、現行の母子加算
(平均2万1000円)は2割(4000円)高かった。
中学生までの子どもがいる世帯に支給する児童養育加算(子どもが0〜2歳の場合1万5000円、
3歳以上は1万円)は、支給対象を現在の「中学生まで」から「高校生まで」に拡大するが、金額は年齢によらず一律1万円とする。
5年前の前回見直しでは、デフレなどを考慮して平均6.5%減とし、段階的に引き下げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000115-mai-soci

293 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★