2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

南沢奈央 Part24

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:18:32.39 ID:7l9Sa4Se0.net
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
-Nao's Way- 南沢奈央 公式ホームページ
http://www.naosway.net/
スウィートパワー|Sweet Power (公式HP)
http://sweetpower.jp/sweetpower/nao/
Instagram
https://www.instagram.com/naominamisawa_official/
読書日記
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/

コテハンとそれに準ずるTwitterやInstagramの個人垢への叩き禁止
(ネットウォッチ板、ツイッター観察板、最悪板、などに行ってください)

前スレ (dat落ち)
南沢奈央 Part23
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/actress/1521060372/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

20 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:27:24.00 ID:7l9Sa4Se0.net
19名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:00:37.12ID:Nh0I85gN0
20名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:28:56.48ID:Wdqt3xaJ0
931名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 15:37:38.20ID:ZmZMVFmv0
で、その盗作疑惑について誰か通報したのか?
甘力やBookBang運営している新潮社、角田さんはこの件知っているのか?

932名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 15:41:10.31ID:aKzfzfyi0
文庫本の巻末に掲載されている角田光代さんによる解説も、とても素敵なので今回は物語の紹介に角田さんの解説文から一部<引用>させていただきました

とか置いておけばギリギリ救われたかもしれないけどもう手遅れ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:27:43.88 ID:7l9Sa4Se0.net
933名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 15:47:29.32ID:aKzfzfyi0
>931
BookBangの問い合わせフォームからやんわり
「文庫本の解説の角田さんの文章にものすごく似てるんですけど、担当者はチェックできなかったの?」
「こういう盗作紛いの物しか書けないならもう無理して連載続ける必要ないと思います」
とメッセージ送信済み

テンプレ作ってみんなで問い合わせする?

934名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 16:00:13.91ID:Kj8aB81L0
問い合わせメール自分もするわ
恋愛に浮かれるのは自由でも
文章や物書きを冒涜する行為は腹立つな

愛する若林だって、中学生みたいに稚拙な文章で無知無教養を晒しながらも、しっかり自分の言葉で綴ってる、それが一定層の支持を得ているんだろ
人に勧められた本を読んで、人の書いた物を切り貼りして、
「読書好きな南沢さん」なんて本気で恥を知れ

全力で行くぞ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:28:11.25 ID:7l9Sa4Se0.net
20名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:01:05.67ID:Nh0I85gN0
22名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:29:17.29ID:Wdqt3xaJ0
935名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 16:01:48.86ID:aKzfzfyi0
あと被害者は
解説文盗作された角田光代さん
本の出版・発行元の小学館
だな

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:01:29.78ID:Nh0I85gN0
24名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:29:56.32ID:Wdqt3xaJ0
939名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 22:06:30.09ID:CfY0CAjV0
因縁?どう見てもパクリだろ
それを因縁とかクレームとかさすがに無理あるからw
それともパクリ文化の国の人かな?
話すり替えに必死だな
ビビってんじゃねーよw

943名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/21(日) 23:19:06.47ID:0WQZo+xI0
当事者たちがどう判断、見解を示すかだな

944名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 00:32:22.72ID:0p/DHpSy0
問題ないと思ってるやつはそう思ってればいいんじゃない?
なんか火消しが必死だけど、ここで素人同士で判断する話でもないからな。
安倍なつみの時ほどの大騒ぎになるには南沢が無名すぎるけど
何もお咎めなしってわけにもいかんだろう。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:28:52.18 ID:7l9Sa4Se0.net
22名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:01:52.83ID:Nh0I85gN0
25名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:30:25.36ID:Wdqt3xaJ0
949名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 06:55:11.00ID:Ltpa6wUC0
文庫解説のスタイルは人それぞれ
物語の要約をする人もいれば二次創作のような文を綴る人もいるし
解説者と作家との関係について長く話すこともあるし文壇においての本書の評価(三島由紀夫賞落ちたとか)を長く記すこともある

今回の件は「角田光代さんが中村航の『星に願いを、月に祈りを』を読んで思ったことを二次創作的に綴った文壇解説という物を、南沢奈央がテメーの都合で切り貼りして盗用した」
ということだから擁護する余地はない

24 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:29:28.71 ID:7l9Sa4Se0.net
23名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:02:29.25ID:Nh0I85gN0
26名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:30:53.75ID:Wdqt3xaJ0
957名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 08:10:21.62ID:DWaBHNOh0
連載の本の紹介部分は「出所の明示のある『引用』」ではないからな
> 本来は転載なのに、あたかも自分が書いたように示してしまえば、それはもう、剽窃(ひょうせつ)、盗作、論文盗用などと呼ばれます。
に当てはまる

25 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:29:47.65 ID:7l9Sa4Se0.net
27名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 12:32:25.25ID:Wdqt3xaJ0
968名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 09:35:45.14ID:D6hKNE7b0
少なくとも昨日の
ID:aKzfzfyi0 (オレ)
ID:Kj8aB81L0さん
とここにオレ以外にもう1人人盗作疑惑に疑念持っている人いる
表は1人しかいないけど、匿名じゃないからダイレクトに言えないだけかもしれない

インスタ見てるとアレにリプやるアホが一番悪いとしか言いようない

975名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 11:24:06.24ID:D2VAjkLi0
ここが全部一人の書き込みだと思うのは完全に病気。全くまわりが見えてない。俺も通報した。ルール違反上等のだらしない女は嫌いだから。
「国語が得意」とかこの状況でよく言えたな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:30:11.89 ID:7l9Sa4Se0.net
24名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:03:16.17ID:Nh0I85gN0
65盗作検証/第一章2018/01/23(火) 09:22:35.54ID:Fmt8QMEj0
引用文献 『星に願いを、月に祈りを』文庫本 p410 - 416の解説
引用元URL https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/375
> 第一章では、学童キャンプでホタルを見る為に夜中に抜け出したひとり、小学生・大介の目線で描かれる。
> 暗い森での小学生三人の冒険の合間に、随時挿入されているラジオ「星空・レディオ・ショー」の語りが象徴的だ。
> どこから聴こえてくるのか分からない、壮大でロマンあふれる宇宙の話が頭に残る。

一行目
角田「五年生のの大介の目線で描かれる。」
南沢「学童キャンプでホタルを見る為に夜中に抜け出したひとり、小学生・大介の目線で描かれる。」
※角田、別の場面で「ホタルを見るために宿舎を抜け出した三人は、不思議な放送を聴く」と表現する場面あり、切り貼り確定
南沢の二行目の「随時挿入されているラジオ「星空・レディオ・ショー」の語りが象徴的だ。」もおそらくこの文からの切り貼り

三行目
角田「(引用者注釈 冗長なので大幅にカット)果てのない宇宙とが、みなかかわりあっていることを彼(カッコ内引用者注釈DJ)の壮大な言葉は語る。」
南沢「壮大でロマンあふれる宇宙の話が頭に残る。」
これも冗長な部分削った切り貼り確定。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:30:32.62 ID:7l9Sa4Se0.net
25名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:03:35.85ID:Nh0I85gN0
66盗作検証/第二章2018/01/23(火) 09:36:06.67ID:Fmt8QMEj0
引用文献 『星に願いを、月に祈りを』文庫本 p410 - 416の解説
引用元URL https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/375
> 第二章に入って、一緒にホタルを見に行ったアキオが中学生になり、合唱部員の先輩に恋をしている話になる。
> この甘酸っぱい恋がきっかけで、小学生のときに森で耳にしたラジオの謎に気づいていく。

一行目
角田「第一章では、ことばに収まらなかった『恋のようなもの』はしかしここでは、きちんと『恋』になる。(引用者注釈 この後の恋の定義の部分についての文章は以下大幅に省略)」
南沢「合唱部員の先輩に恋をしている話になる。」
※角田の「恋」についての解説汲み取り「恋をしている話」と濁した感

二行目
角田「アキオのほのかな恋とはまたべつに、この第二章から、あの放送局はなんだったのか、DJとアキオの片思いの相手はなぜ同じ名字なのか、という謎が生まれる。」
南沢「この甘酸っぱい恋がきっかけで、小学生のときに森で耳にしたラジオの謎に気づいていく。」
勝手に切り貼りして謎が解明したというふうに改変してしまっている

28 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:30:51.76 ID:7l9Sa4Se0.net
26名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:03:58.53ID:Nh0I85gN0
67盗作検証/挿話2018/01/23(火) 09:44:18.07ID:Fmt8QMEj0
引用文献 『星に願いを、月に祈りを』文庫本 p410 - 416の解説
引用元URL https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/375
角田「挿話第三章と続くなかで、読み手は、どこに連れていかれるのかと不安を味わうことになる。期待ではなく不安だ。なぜならラジオから聞こえてくるDJの話や、幻想味を帯びて進んで行く物語の端々に、かなしみがにじんでいるように見えるからである。」
南沢「小学生のキャンプから始まった爽やかな青春の話と、ラジオの謎を追うちょっぴりミステリーの要素がどこへ向かうのだろうと、挿話から第三章へ読み進めると、読者は戸惑うことになる。」
※ちょっと構成や言葉のチョイス変え軽くしただけ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:31:15.87 ID:7l9Sa4Se0.net
27名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:04:25.72ID:Nh0I85gN0
68盗作検証/第三章2018/01/23(火) 09:58:42.53ID:Fmt8QMEj0
引用文献 『星に願いを、月に祈りを』文庫本 p410 - 416の解説
引用元URL https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/375
> 早朝、ある男のもとに、セーラー服を着た見知らぬ少女が突然訪れてきて、お互いに居心地が良くなり、一緒に過ごすようになる、という少し幻想的な話が展開される。
> その男と少女が誰なのか分からないまま進んでいくが、このふたりの運命的な結びつきを見ているうちに、戸惑いを忘れて、いつの間にか心が温まっている。
> だがやがて、この別の物語だと思っていたものの全体像が見えてきたときに、すべては巡り巡って繋がっていたんだと気付かされる。

一行目と二行目
角田「だれだかわからない少女と、だれだかわからないひとり暮らしの男性の、つかの間の夏休みのような、清潔な二週間。」
南沢「早朝、ある男のもとに、セーラー服を着た見知らぬ少女が突然訪れてきて、お互いに居心地が良くなり、一緒に過ごすようになる、という少し幻想的な話が展開される。」
  「その男と少女が誰なのか分からないまま進んでいくが、このふたりの運命的な結びつきを見ているうちに、戸惑いを忘れて、いつの間にか心が温まっている。」
※ここは南沢奈央が無駄に膨らましたが、角田の解説は下の物語の理解に役立つ解説あるのに切り貼りで意味合い変えてしまっている

三行目
角田「だんだんと、真実がわかってくる。今までばらばらに語られていたような第一章、第二章、挿話と、星空放送局から流れてくるだれかわからない声、それらがじょじょに重なり合い、ひとつになる。」
南沢「だがやがて、この別の物語だと思っていたものの全体像が見えてきたときに、すべては巡り巡って繋がっていたんだと気付かされる。」
言うまでもなく切り貼り。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:31:50.21 ID:7l9Sa4Se0.net
29名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:05:43.95ID:Nh0I85gN0
84名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/23(火) 21:01:42.27ID:g5KXdlS60
----------
角田「五年生のの大介の目線で描かれる。」
角田「ホタルを見るために宿舎を抜け出した三人は、不思議な放送を聴く」

南沢「学童キャンプでホタルを見る為に夜中に抜け出したひとり、小学生・大介の目線で描かれる。」
----------
角田「〜果てのない宇宙とが、みなかかわりあっていることを彼の壮大な言葉は語る。」

南沢「壮大でロマンあふれる宇宙の話が頭に残る。」
----------
角田「第一章では、ことばに収まらなかった『恋のようなもの』はしかしここでは、きちんと『恋』になる。」

南沢「合唱部員の先輩に恋をしている話になる。」
----------
角田「アキオのほのかな恋とはまたべつに、この第二章から、あの放送局はなんだったのか、
   DJとアキオの片思いの相手はなぜ同じ名字なのか、という謎が生まれる。」

南沢「この甘酸っぱい恋がきっかけで、小学生のときに森で耳にしたラジオの謎に気づいていく。」
----------
角田「挿話第三章と続くなかで、読み手は、どこに連れていかれるのかと不安を味わうことになる。
   期待ではなく不安だ。なぜならラジオから聞こえてくるDJの話や、
   幻想味を帯びて進んで行く物語の端々に、かなしみがにじんでいるように見えるからである。」

南沢「小学生のキャンプから始まった爽やかな青春の話と、ラジオの謎を追うちょっぴりミステリーの
   要素がどこへ向かうのだろうと、挿話から第三章へ読み進めると、読者は戸惑うことになる。」
----------
角田「だれだかわからない少女と、だれだかわからないひとり暮らしの男性の、つかの間の
   夏休みのような、清潔な二週間。」

南沢「早朝、ある男のもとに、セーラー服を着た見知らぬ少女が突然訪れてきて、
   お互いに居心地が良くなり、一緒に過ごすようになる、という少し幻想的な話が展開される。」
   「その男と少女が誰なのか分からないまま進んでいくが、このふたりの運命的な結びつきを
   見ているうちに、戸惑いを忘れて、いつの間にか心が温まっている。」
----------
角田「だんだんと、真実がわかってくる。今までばらばらに語られていたような第一章、
   第二章、挿話と、星空放送局から流れてくるだれかわからない声、それらが
   じょじょに重なり合い、ひとつになる。」

南沢「だがやがて、この別の物語だと思っていたものの全体像が見えてきたときに、
   すべては巡り巡って繋がっていたんだと気付かされる。」
----------
俺も正直、ここまでひどいとは思わなかったぜ・・・・

31 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:33:33.00 ID:7l9Sa4Se0.net
30名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:08:52.61ID:Nh0I85gN0
272名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 10:56:31.57ID:8Vm9huZF0
盗作じゃなければ第3者に検証させてどっしり構えてればいいのに
見る人が見ればわかるだろうに
もし盗作だったら、相手が悪意のある人なら金で解決できるだろうけど
良心的な人だったら、金で解決は厳しいだろうな
このスレを工作だと思ったら、なおのこと

外堀固めリークを思わせる不自然で強引な報道
不自然で強引なと思える擁護レス
策に溺れた?まさかね

31名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:09:48.96ID:Nh0I85gN0
293名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 16:03:28.89ID:/eGfSP6g0
なお、その辺の素人でも
http://booklog.jp/item/1/4094088318?perpage=30&rating=0&is_read_more=1&sort=1

これくらいは書くんだな

32 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:33:56.26 ID:7l9Sa4Se0.net
32名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:10:53.35ID:Nh0I85gN0
299名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 16:34:55.43ID:1bwmP75W0
>293
まあこれを読むと人によってこんなにも着眼点が違うのかと驚くね
盗作の意思はなくとも参考にはしたかもと思えるな

303名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 17:13:20.42ID:8VXWpnGn0
>299
そう思ったわ
感想文なんて似たり寄ったりだろ?と思ってたが、人によってこうもバラエティ豊かになるんだな
角田?をパクったのは逃れられない

33名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:11:41.26ID:Nh0I85gN0
308名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 19:42:29.99ID:nRzKs7Hv0
>84は盗作には当たらないことを示してくれ
あと
何年も前に知り合う→ゴールデンの司会が増える→交際→ほのめかし記事→交際宣言
この流れの一般論としての率直な感想も聞かせてくれ

34名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:12:11.40ID:Nh0I85gN0
314名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/28(日) 20:40:04.10ID:RmHsCHQs0
結局、説明はしないままか
インスタやらでは爽やかファンで優しい人いい人コメント
ここでは、炎上目的の釣り
いろいろ忙しいな
本人スタッフでないことを祈るよ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:34:23.88 ID:7l9Sa4Se0.net
35名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:13:56.73ID:Nh0I85gN0
409名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/02(金) 17:11:18.03ID:Z/9WB9LZ0
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/391

> ごくたまに、この状況ではこう言おうかなぁと頭に浮かぶフレーズが、ドラマの台詞だったりする。

盗作のいいわけだな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:34:45.78 ID:7l9Sa4Se0.net
【甘力】オードリー若林の彼女こと南沢奈央、安倍なつみ大師匠をリスペクトしてぬっち芸に手を染める【盗作?】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1516674366/

35 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:35:31.86 ID:7l9Sa4Se0.net
38名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:19:00.13ID:Nh0I85gN0
647名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 06:46:14.91ID:qRhudGeD0
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/424
> 独り暮らしで、料理が一番楽しい。だけど、食べる時が一番寂しい。
> 美味しいよと頬が緩むのも、不味いよと苦笑するのも、自分。すると、同じものしか作らなくなり、上手とも下手とも言えない段階のまま、変化がなくなった。
> わたしは今、料理のスランプに陥っている。

若林に向けての私信

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:19:34.61ID:Nh0I85gN0
648名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 06:47:34.79ID:qRhudGeD0
> わたしは、食欲よりも料理欲をそそられた。言い換えると、自分が食べたいと思うより、誰かに食べてもらいたいという気持ちになった。

若林に私信

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:20:09.39ID:Nh0I85gN0
663名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 02:59:20.20ID:A6jn9El90
熱愛報道で注目度を上げてる最中に、ずいぶん思い切った連載原稿だね…こりゃすごいw
お金もらってる仕事で私信バシバシってのはいかがなものかと思うけど
若林は今日もラジオで毅然と一人暮らしアピール、
残念ながら釘刺されてんぞw
意外と破局も早いかも?
南沢奈央がこんなお花畑粘着女だとは知らなかったわー

36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:36:13.17 ID:7l9Sa4Se0.net
41名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:21:40.64ID:Nh0I85gN0
752名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 06:37:45.17ID:LRz2hgv10
島本理生『君が降る日』(幻冬舎文庫)p268,
角田
しかも、ほとんどの食べものの味なりにおいなり歯触りなりが、細かく描写されている。
しかも主人公の志保は饅頭のにおいを嗅いで腹を鳴らしすらする。
それで、わかる。この小説が、死を、ではなく、生を書いているのだということが。

南沢
その食べ物たちに生命力が宿る。見た目、味、舌触り、香り、咀嚼する音が、躍動的に伝わってくる。


作品は違えどこれはちょっと

37 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:36:33.72 ID:7l9Sa4Se0.net
42名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:22:05.80ID:Nh0I85gN0
753名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/24(土) 06:45:55.27ID:LRz2hgv10
島本理生『あられもない祈り』(河出文庫)pp182 - 183,
西
島本理生さんは、祈る人だと思う。「どうか」、という切実でいたいけない感情から始まるその祈りは、
元気にして「あげたい」、や、楽しませて「あげたい」という緩慢な欲望と対極のところにある。
島本さんは、誰かを救って「あげたい」のではなく、「どうか救われますように」と、祈る人なのだ。

南沢
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/344
祈ることしかできない。そんな自分を優しいとも思わないし、むしろ無力さを全身で感じる。そもそも、他人の気持ちを分かって“あげたい”と思っている時点で、自分を棚に上げているようで、何様のつもりなんだ、とまた声が聞こえてくる。


西が島本に宛てた言葉を改変して自分の言葉にしようとしたな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:36:54.47 ID:7l9Sa4Se0.net
43名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:22:57.68ID:Nh0I85gN0
782名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 07:04:41.78ID:aT9DEmct0
島本理生『あられもない祈り』(河出文庫)pp182 - 183,
西
島本理生さんは、祈る人だと思う。「どうか」、という切実でいたいけない感情から始まるその祈りは、
元気にして「あげたい」、や、楽しませて「あげたい」という緩慢な欲望と対極のところにある。
島本さんは、誰かを救って「あげたい」のではなく、「どうか救われますように」と、祈る人なのだ。

南沢
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/344
祈ることしかできない。そんな自分を優しいとも思わないし、むしろ無力さを全身で感じる。そもそも、他人の気持ちを分かって“あげたい”と思っている時点で、自分を棚に上げているようで、何様のつもりなんだ、とまた声が聞こえてくる。


なんで「あげたい」を強調したんだろうね

39 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:37:18.36 ID:7l9Sa4Se0.net
44名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:23:21.96ID:Nh0I85gN0
783名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 07:16:20.80ID:aT9DEmct0
島本理生『君が降る日』(幻冬舎文庫)pp267 - 268,
角田
島本理生は食べるシーンをよく書く作家だが、この作品ではバランスとして非常に多い。
(中略、メニュー列挙)
しかも、ほとんどの食べものの味なりにおいなり歯触りなりが、細かく描写されている。
しかも主人公の志保は饅頭のにおいを嗅いで腹を鳴らしすらする。
それで、わかる。この小説が、死を、ではなく、生を書いているのだということが。
登場する食べものは、たぶん作者の意図によってだと思うが、たいがいこってりした食べものである。
さあ食べるぞと身構えるようなもの。読み手はだから傷つき、死にとらえられた登場人物たちの声なき声を聞き続けることになる。

南沢
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/434
本を開けば、15の逸品が用意されている。
(中略、メニュー列挙)
平松洋子さんの表現によって、その食べ物たちに生命力が宿る。見た目、味、舌触り、香り、咀嚼する音が、躍動的に伝わってくる。
今まさに著者が目の前で食べているように感じられるのだ。

なんでこんなに構成が似か寄る?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:37:38.59 ID:7l9Sa4Se0.net
45名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:24:02.02ID:Nh0I85gN0
784名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 07:35:31.00ID:aT9DEmct0
ウィキペディアにあった物
http://archive. is/kJRBe
また、島本という作家を「祈る人」と表現し、「(西が考える)「元気にして『あげたい』」や、「楽しませて『あげたい』」という緩慢な欲望と対極のところにある。
島本さんは、「誰かを救って『あげたい』」のではなく、「どうか救われますように」と、祈る人なのだ(祈りを込めて綴る人なのだ)」と評している。

南沢
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/344
祈ることしかできない。そんな自分を優しいとも思わないし、むしろ無力さを全身で感じる。そもそも、他人の気持ちを分かって“あげたい”と思っている時点で、自分を棚に上げているようで、何様のつもりなんだ、とまた声が聞こえてくる。


ウィキペディアからの切り貼りかな

41 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:38:02.07 ID:7l9Sa4Se0.net
46名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:24:31.70ID:Nh0I85gN0
785名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/25(日) 07:37:49.07ID:aT9DEmct0
ウィキペディアの過去版
http://archive. is/7tZwz
「島本は『食べるシーン』をよく書く作家、この作品では(食べるシーン)がバランスとして非常に多い」(表題作に登場する食べ物をすべて列挙した上で)、
「ほとんどの食べ物の味なりにおいなり歯触りなりが、細かく描写され、主人公はそれらの食べ物に反応する。それで、この小説が、死ではなく、生(生きること)を書いている」、
そして「(作者の意図によって選ばれたであろうこってりした食べ物を)さあ食べるぞと身構えさせて読み手に生きることを無意識に自覚させつつ、
(読み手を)傷つけ、死にとらえられた登場人物たちの声なき声を聞き続けることとなる。だから私たちはこの小説に含まれた毒に気づかずにすむ」と解説している。

南沢
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/434
本を開けば、15の逸品が用意されている。
(中略、メニュー列挙)
平松洋子さんの表現によって、その食べ物たちに生命力が宿る。見た目、味、舌触り、香り、咀嚼する音が、躍動的に伝わってくる。
今まさに著者が目の前で食べているように感じられるのだ。

これは・・・

42 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:38:24.08 ID:7l9Sa4Se0.net
47名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 06:25:02.38ID:Nh0I85gN0
【超絶悲報】女優兼オードリー若林の彼女の南沢奈央、自身の連載で盗作疑惑
https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517074863/

43 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:38:55.65 ID:7l9Sa4Se0.net
57名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/15(木) 15:13:31.90ID:3HmIPLfZ0
『青空に飛ぶ』(鴻上 尚史):|講談社BOOK倶楽部
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062207096
> 2015年10月。中学2年生の萩原友人は、伯母の住む札幌を訪れる。それはいじめられる日々からの束の間の逃避であった。
> 友人はひょんなことから伯母の勤務する病院に神風特攻隊の有名人・佐々木友次が入院していることを知る。
> いじめの苦しさから逃れるため、自殺を試みるも思いとどまった友人は、伯母の勤める病院に向かい、佐々木の病室を見つける。
> 佐々木は9回特攻に出撃し、9回とも生還したのだという。
> 特攻隊と佐々木に関心を持った友人は、古本屋で『陸軍特別攻撃隊』を手にする。そこに書かれていたのは、敵艦への体当たりという任務を負った万朶隊の物語であった。
--------------------------
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/222
南沢奈央
> 学校で壮絶ないじめを受けている、主人公の中学二年生・荻原友人。
> 耐えられなくなり命を絶とうと心に決めたある日、佐々木友次に出会う。
> 神風特攻隊として9回特攻し、9回生きて帰ってきたという実在の人物である。
> 友人の孤独で苦しい学校生活と、『陸軍特別攻撃隊』(高木俊朗著)を通して見えてくる戦時中の事実、そして友次さんの生き様が交互に描かれていく。

これも講談社の公式から骨格借用だ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:40:43.41 ID:7l9Sa4Se0.net
212名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/31(土) 08:33:39.49ID:HlXNrD240
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19684
> うさぎの家族と周囲の動物たちの日常風景を、ユーモアをたっぷり交えて描いた4コマ漫画。
> 個性豊かな動物たちは、いつまでも眺めていたいほどチャーミングです。
> このキャラクターは、国宝「鳥獣人物戯画」を著者が現代風にアレンジして生み出したもの。
> メインの動物はもちろんうさぎ、カエル、さるで、墨の筆致を生かしてのびのびと描かれています。

> さらに不思議なサブタイトル「漫符図譜(まんぷずふ)」。
> 「漫符」とは、目が回ったときのグルグル、ひらめいた時の電球、動いた軌跡の線など、漫画特有の表現記号の総称です。
> 著者はその漫符を採集し、「図譜」、つまり事典のように1つずつ解説を付しました。たとえば・・・・・・

> (♪の漫符):「1(一つだけの場合)機嫌が良いこと、楽に何かをこなしている様子を表すことが多い。
> 2(複数の場合)実際に音楽が鳴っている様子を表すことが多い。」(本文より)

> そして、漫符1つずつの「用例」が本編の4コマ漫画になっているという仕掛け。
> つまり本書全体が本邦初の“漫符事典”になっているのです。
-----------------
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/468
> でも、頭上に回る星や何本もの縦線など漫画特有の表現記号を“漫符”と呼ぶことを知っている人は少ないだろう。
> わたしも今回この本と出会って、初めて聞いた言葉だった。
> こうの史代さんの『ギガタウン 漫符図譜』は、いくつかの漫符を取り上げ、意味を説明し、用例を4コマ漫画で紹介するという、いわゆる漫符事典になっている。

> うさぎのみみちゃんに、カエルのあおい君、猿のきい子ちゃんは、仲よし。その三人の性格の違いが可笑しさを生み出す。
> それぞれの個性が、漫符によってよく現れているページがある。

> 途中までみんな、頑張って何かをしている様子を表す、水滴の形のものが頭の上に三つ描かれている。
> だが最終的にそれぞれの頭の上に描かれているのは、うわの空マーク、♪マーク、汗マーク。
---------------

またてにをはや言葉や添画の選びかた、並べかたをちょいと変えただけで、全体の文意ほぼいっしょか

45 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:41:11.93 ID:7l9Sa4Se0.net
214名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/31(土) 08:43:35.09ID:VFWUwelH0
https://natalie.mu/comic/news/265984
> 本作はマンガの起源とも言える国宝の絵巻物「鳥獣人物戯画」を、オマージュを込めて現代に甦らせた作品。
> 「鳥獣戯画」として親しまれているウサギ、サル、カエルといった動物たちの日常を、4コママンガでユーモアたっぷりに描いている。

> さらに汗、ハート、ひらめいた瞬間の電球など、マンガ特有の記号表現「漫符」の解説も。
> 描き下ろしのあとがきではマンガの読み方についても触れられている。


コミックナタリーからも盗用したかも

46 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:42:19.35 ID:7l9Sa4Se0.net
285名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 17:16:37.66ID:CjF7DMfC0
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53664-4
> 桜前線が日本列島を北上する4月、新幹線で北へ向かう男女5人それぞれの行先で待つものは――。
> 婚約者の実家を訪ねて郡山へ。亡くなった母の七回忌に出席するため仙台へ。
> 下級生を事故で亡くした小学4年生の女の子は新花巻へ。
> 実家との確執、地元への愛着、生をつなぐこと、喪うこと……複雑にからまり揺れる想いと、ふるさとでの出会いをあざやかな筆致で描く、「はじまり」の物語。
> ふるさとから離れて暮らす方も、ふるさとなんて自分にはない、という方も、心のひだの奥底まで沁みこむような感動作。

-----------------------
http://book.asahi.com/reviews/column/2015032200017.html
> モッコウバラ、からたち、菜の花、ハクモクレン、桜。それぞれの短編のタイトルに織り込まれた花々が、本書の雰囲気をよく表している。
> 収録されている5編の短編の主人公たちはみな、東北新幹線に乗って、北へ向かう。
> 栃木県で一人暮らしをしている祖母の家へ向かう大学生がいれば、母親の七回忌で仙台の生家へ向かう社会人もいる。
> 叔母の結婚式で花巻へと向かうのは、小学生の女の子だ。
> それぞれの物語の底を流れているのは、日々を生きる人々の背中を優しく支えるかのような、作者からのエールだ。
> 家族の反対を押し切り、老いらくの恋を貫いた祖母。そのたおやかな、けれど凜(りん)とした背中が、孫にもたらすささやかな変化。
> 両親の不仲を見て育ったため、早く大人にならざるをえなかった姉弟が、ようやくたどり着いたそれぞれの“幸せ”……。
> 背景にあるのは、東北の町々で、そこには、4年前のあの日、東北旅行中に震災を体験した彩瀬さんの思いがある。
> まだまだ遠い復興と、それでもそこで生きていく人々への、寄り添うような、祈るような、静かでぬくもりのある思いだ。
> 読み終えた後、家族やふるさとへの愛(いと)おしさが、ひたひたと胸を満たしていく一冊である。
------------------------------------------------------
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/474
> 桜前線北上中の4月、東北新幹線に乗って、それぞれの“ふるさと”へ向かう男女5人の物語が短編で紡がれていく。
> 「モッコウバラのワンピース」「からたち香る」「菜の花の家」「ハクモクレンが砕けるとき」「桜の下で待っている」、
> 短編タイトルすべてに花の名前が入っているように、訪れる場所で花から季節を感じ、誰かの想いを知る。
> やがて、今居る場所をどう思っているのか、どこへ向かいたいのか、それぞれが気付いていくのだ。
>  それが分からないから不安なのだと、焦る必要はない。
> どこかへ進まなくてもいい。元の場所へ帰ることも大事な一歩である。そんなやさしい気付きも与えてくれる。
> 表題作の主人公、新幹線車内販売員をしているさくらならではの目線が、印象的だ。
> 予定を持ってどこかへ向かう人の乗っている新幹線よりも、一日を終えて帰るだけの人の乗っている新幹線の方が好きだと言う。
> 新幹線で帰ってくる人たちが一日のエネルギーを使い果たし、ぐっすり寝ている顔が、「割とまんざらでもないって感じ」らしい。
-----------------------

新幹線の下り以外は
コラム別に読む : 桜の下で待っている [著]彩瀬まる - 吉田伸子(書評家) | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
からの盗用の疑い

47 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:43:12.37 ID:7l9Sa4Se0.net
299名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 05:56:16.06ID:59KED57S0
>> 298
ミスった
プロの書評家の文章
http://book.asahi.com/reviews/column/2015032200017.html
吉田「モッコウバラ、からたち、菜の花、ハクモクレン、桜。それぞれの短編のタイトルに織り込まれた花々が、本書の雰囲気をよ   く表している。
   収録されている5編の短編の主人公たちはみな、東北新幹線に乗って、北へ向かう。
   栃木県で一人暮らしをしている祖母の家へ向かう大学生がいれば、母親の七回忌で仙台の生家へ向かう社会人もいる。
   叔母の結婚式で花巻へと向かうのは、小学生の女の子だ。
   それぞれの物語の底を流れているのは、日々を生きる人々の背中を優しく支えるかのような、作者からのエールだ。
   家族の反対を押し切り、老いらくの恋を貫いた祖母。そのたおやかな、けれど凜(りん)とした背中が、孫にもたらすささや   かな変化。
   両親の不仲を見て育ったため、早く大人にならざるをえなかった姉弟が、ようやくたどり着いたそれぞれの“幸せ”……。
   背景にあるのは、東北の町々で、そこには、4年前のあの日、東北旅行中に震災を体験した彩瀬さんの思いがある。
   まだまだ遠い復興と、それでもそこで生きていく人々への、寄り添うような、祈るような、静かでぬくもりのある思いだ。
   読み終えた後、家族やふるさとへの愛(いと)おしさが、ひたひたと胸を満たしていく一冊である。 」
--------
   ↓
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/474
南沢「桜前線北上中の4月、東北新幹線に乗って、それぞれの“ふるさと”へ向かう男女5人の物語が短編で紡がれていく。
  「モッコウバラのワンピース」「からたち香る」「菜の花の家」「ハクモクレンが砕けるとき」「桜の下で待っている」、
   短編タイトルすべてに花の名前が入っているように、訪れる場所で花から季節を感じ、誰かの想いを知る。
   やがて、今居る場所をどう思っているのか、どこへ向かいたいのか、それぞれが気付いていくのだ。
    それが分からないから不安なのだと、焦る必要はない。
    どこかへ進まなくてもいい。元の場所へ帰ることも大事な一歩である。そんなやさしい気付きも与えてくれる。
   表題作の主人公、新幹線車内販売員をしているさくらならではの目線が、印象的だ。
   予定を持ってどこかへ向かう人の乗っている新幹線よりも、一日を終えて帰るだけの人の乗っている新幹線の方が好きだと言   う。
   新幹線で帰ってくる人たちが一日のエネルギーを使い果たし、ぐっすり寝ている顔が、「割とまんざらでもないって感じ」ら   しい。」
---------
ここは書評家の吉田の文から1行目と2行目を入れ替え言葉選びを変えて、個々のエピソードの解説を省き2行に圧縮
 段落部分の謎がある(作中からの引用に見せかけた?)
-------------
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53664-4
公式「ふるさとから離れて暮らす方も、ふるさとなんて自分にはない、という方も、心のひだの奥底まで沁みこむような感動作。 」
吉田「それぞれの物語の底を流れているのは、日々を生きる人々の背中を優しく支えるかのような、作者からのエールだ。
   背景にあるのは、東北の町々で、そこには、4年前のあの日、東北旅行中に震災を体験した彩瀬さんの思いがある。
   まだまだ遠い復興と、それでもそこで生きていく人々への、寄り添うような、祈るような、静かでぬくもりのある思いだ。
   読み終えた後、家族やふるさとへの愛(いと)おしさが、ひたひたと胸を満たしていく一冊である。」
   ↓
南沢「それが分からないから不安なのだと、焦る必要はない。
   どこかへ進まなくてもいい。元の場所へ帰ることも大事な一歩である。そんなやさしい気付きも与えてくれる。 」
--------------------
ここは吉田さんの文から作者と震災の描写抜いて、実業之日本社のサイトのネタバレ回避のためにわざと曖昧にした紹介文に寄せて書いたと思う

新幹線車内販売員の掘り下げは文庫解説にあるのかも

48 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:43:41.70 ID:7l9Sa4Se0.net
311名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 07:38:03.56ID:4BB3MEtC0
【盗作】オードリー若林のツレの南沢奈央、3ヶ月ぶり2度目のぬっち芸を披露する【無駄転載】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1523052182/

49 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:45:49.83 ID:7l9Sa4Se0.net
782名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 17:11:20.90ID:YibZqrhK0
http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=1303

漫画家・江戸風俗研究家・エッセイストとして活躍し、2005年に46歳の若さで逝去された杉浦日向子さん。2011年7月22日は、日向子さんの七回忌にあたります。
本書は、彼女の全著作のなかから、ご遺族の監修のもと、「憩う」「呑む、食べる」「男と女」「隠居」をテーマに「今に活きる言葉」を集め、漫画や写真とともに構成しました。
「粋」「生死」「江戸」をテーマにした『粋に暮らす言葉』と同時発売です。

1章 憩う
2章 呑む、食べる
3章 男と女
4章 しあわせな隠居
5章 杉浦日向子

「今日できることは、明日でもできる。
どうせ死ぬまで生きる身だ。仕事をどんなに先おくりしたところで、
自分の人生の時間が減るわけではありません。」(本文より)
--------
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/497

杉浦日向子さんは漫画家であり、エッセイストであり、そして江戸風俗研究家である。
本書は、彼女が生前残した作品の中からご遺族が抜粋した“言葉集”だ。
「憩う」「呑む、食べる」「男女」「隠居」「杉浦日向子」にテーマ分けされている。ここから、江戸が見えてくる。
そして、最後には杉浦さんに会ったような気分になるのだけど、不思議なことに彼女は研究家ではなく、江戸人そのものなのではないかと思えてくる。

<引用>多数
--------
「今日できることは、明日でもできる。
どうせ死ぬまで生きる身だ。仕事をどんなに先おくりしたところで、
自分の人生の時間が減るわけではありません。」(本文より)


《仕事に忙殺される人生ではなく、その日その日を、いかに楽しみ、いかに遊ぶかです。》
《ちょいちょい憩いましょう。ぼちぼち、うまくサボリながらやりましょう。だって、私たちは、もう十分におとななのですから。》
《非日常的な無駄な時間を重ねて、その時間分、日常から遠ざかるのが旅だろう。遠ざかる時間そのものが、旅ではないのか。》
《仕事を労働とは思わず、道楽ととらえること》

--------
公式見て丸写しにならないようにいろいろ引用したが、結局公式の(本文より)に引っ張られている

783名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 17:16:34.26ID:YibZqrhK0
http://news.livedoor.com/article/detail/5648770/

これも参考にしただろう

50 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:46:45.61 ID:7l9Sa4Se0.net
830名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 17:35:17.61ID:+OBpUxE+0
Amazonの商品説明
https://www.amazon.co.jp/dp/4022510625

> 大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に、
> 偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。
> だが翌日、翠は事故死する。
> 本当に事故だったのか?
> 良夫とその弟で大人びた小学5年生の亨は、
> 翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、事件に首を突っ込み始める。
> 姉、母まで望月一家が巻き込まれて、謎は広がるばかり――。
> 朝日新聞夕刊の人気連載が待望の単行本化。
> 物語の語り手はなんと本邦初! ?の「車」。
> 町を走る様々な車たちの楽しいおしゃべりが全編にさんざめく、
> 前代未聞のユーモアミステリーにして、
> のんきな長男・大人びた弟…と個性的なキャラが揃った家族の暖かいエピソードに溢れた、
> チャーミングで愛すべき長編家族小説!
--------
> 実のところ、日々、車同士は排出ガスの届く距離で会話している。
> 本作語り手デミオの持ち主・望月家は、母兄姉弟の四人家族(ただし一番大人なのは弟)。
> 兄・良夫がある女性を愛車デミオに乗せた日から物語は始まる。強面の芸能記者。不倫の噂。
> 脅迫と、いじめの影―?大小の謎に、仲良し望月ファミリーは巻き込まれて、さあ大変。
> 凸凹コンビの望月兄弟が巻き込まれたのは元女優とパパラッチの追走事故でした―。
> 謎がひしめく会心の長編ミステリーにして幸福感の結晶たる、チャーミングな家族小説。
--------------
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/516
> 物語の中では“緑(みど)デミ”の愛称で親しまれている、気立てのよい彼は、望月家の自家用車である。
> 望月家の長男、その名の通りお人よしの良夫と、10歳にして誰よりも冷静沈着で聡明な次男・亨を乗せていたところ、
> 話題のスター女優・荒木翠が乗り込んできたことをきっかけに、事件に巻き込まれてしまう。
> ありとあらゆる謎が玉突き事故のように連鎖し、死体を運ぶのを手伝わされる羽目にまでなる。最後には……。
> 望月家と共にデミオの人生は、いや車生?は思いがけない道へと向かっていく。
---------

はい、Amazonの商品説明にちょっと他のサイトから印象的なフレーズ盗んで来た物

51 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:47:57.77 ID:7l9Sa4Se0.net
865名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/25(金) 17:32:25.32ID:G2sa4mRO0
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013011300016.html

> 「本いうんはな、読めば読むほど知らんことが増えていくんや……
> わしみたいにここまで来てまうと、もう読むのをやめるわけにいかん。マグロと一緒や……
> 息できんようなって死んでまうんやでェ……字ィ読むんやめたらなあ」

はい、朝日の書評見て引用箇所決めました

52 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:49:20.36 ID:7l9Sa4Se0.net
879名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 17:21:05.09ID:bdmfkrUX0
https://www.poplar.co.jp/pr/kagami/
にリンクある
https://www.poplar.co.jp/pr/kagami/inteaview.html

http://www.sankei.com/life/news/171015/lif1710150025-n1.html

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017072300005.html

https://futoko.publishers.fm/article/15777/

http://www.shosetsu-maru.com/interviews/107

とを切り貼りすりゃ誰でも https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/540 程度は余裕で書ける

53 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:50:04.43 ID:7l9Sa4Se0.net
880名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 17:31:15.89
産経
http://www.sankei.com/life/news/171015/lif1710150025-n1.html

中学に進学したばかりの安西こころは、同級生から受けた仕打ちで、不登校が続いていた。
母親に紹介された子供育成支援教室にも行けなくなり、部屋に籠る毎日。ところが5月のある日、突然自室の鏡が光り輝く。
少女の声に導かれて、鏡を抜けた先には、西洋の童話で見るような城と、同じ年頃の子供6人が待っていた。

子供たちを連れてきた、仮面の少女「オオカミさま」の説明を要約するとこうだ。
この城の奥には「願いの部屋」がある。お前たち7人にはその部屋に入るための鍵探しをしてもらう。
期限は今から来年の3月末まで。
また、この世界と現実の世界は行き来自由だが、城にいられるのは朝9時から夕方5時までで、時間厳守。
城には各自の部屋も用意してあるから、好きに使うといい…。
--------

https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/540

中学一年生の主人公・こころは、あることがきっかけで5月には学校に行けなくなってしまう。
家で過ごしていたある日、部屋の鏡が突如光り始め、なんとそこをくぐり抜けることができるようになっている。
鏡の中に行ってみると、そこには城があり、異世界が広がっていた。
城の主である狼の仮面をつけた少女“オオカミさま”の前には、こころを含めて7人の中学生が集められている。
見ず知らずの彼らは、翌年3月まで城の中での時間を過ごしていく。

---------

全角数字直し忘れている時点でコピペしたろうと。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:50:38.41 ID:7l9Sa4Se0.net
881名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 17:40:23.28
朝日
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017072300005.html

大人と子供ではいじめの認識が異なることや、なぜ学校でのトラブルを親に相談できないのかなど、
誰もが覚えのある思春期の生々しい心情に迫った著者の手腕にも驚かされるはずだ。

終盤には、ファンタジー的なスペクタクルも満載。
わずかな手掛かりから鍵を探したり、周到な伏線がどんでん返しを連続させたりするミステリーの仕掛けもプラスされ、
加速する展開に圧倒されるだろう。

そして、すべての謎が解かれると、生きづらさを感じている人へのエールが浮かび上がってくる。
意外な真相が読者の心を揺さぶるだけに、より大きな感動が味わえるのではないか。
-------

7人の中学生たちは、似たような境遇であることが徐々に分かってくる。
みな、「学校に行かない」選択をした子たちだ。
こころのように、精神的に行けない状況になってしまった子もいれば、親に行かなくていいと言われている子、海外に留学した為に行きたかった学校に行けなかった子など、理由はそれぞれ。
「学校に行かない」までに至らずとも、「学校に行きたくない」と思ったことがある人は少なくないのではないだろうか。

学校での居場所で悩むことは、誰しも一度は経験すると思う。
(中略)
当事者になってみるとそれはなかなか気付けないことで、
これを伝えることが、子ども時代を経験した大人の役目なのではないか。
-----------

ここも他人の意見をそのままに言葉のチョイス変えただけ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:51:17.21 ID:7l9Sa4Se0.net
882名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 18:03:56.83
あと
http://www.shosetsu-maru.com/interviews/107

これは書籍(紙の本)にもなっているからここからの生半可な引き写しはヤバいなあ

--
辻村
> 自分には関係ないと思うかもしれませんが、これはかつてのあなたの話でもあるんです、と伝えたいですね。
--
南沢
> 当事者になってみるとそれはなかなか気付けないことで、
> これを伝えることが、子ども時代を経験した大人の役目なのではないか。
--

と勝手にQ&Aした。小学館のサイト見ながら書いたということがバレてるという。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/22(金) 17:52:36.16 ID:7l9Sa4Se0.net
現時のテンプレここまで

57 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/23(土) 05:58:46.28 ID:kUeNiJHI0.net
ななみインスタはそんな遅くない時間の投稿でおやすみなさいと言えて
南沢は夜中に「肉!」と書くのみ
マネージャーの常識の差よ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/23(土) 08:18:23.36 ID:IjBLom3Jd.net
もうバナナスレでいいやん

59 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/23(土) 18:43:13.35 ID:lOA/dRDt6.net
薬指に指輪はめてたっって。よかったね、ばなな

60 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/24(日) 06:40:24.89 ID:Jm0oYnu+0.net
そもそも自撮りすらないインスタだからマネの撮影した写真上がるだけで普段より2割増しのコメントになるかけど広告スパムすら来ない

61 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/24(日) 09:34:23.96 ID:mfK+YCmVd.net
奈央ちゃん引退して一般人として出会いたい!

62 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/24(日) 20:51:06.39 ID:Pd1UEnK10.net
バナナ乙

63 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/25(月) 17:45:05.01 ID:e8KGk1HD0.net
http://l.kzho.net/s/1529916178407.gif

64 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/25(月) 18:51:18.06 ID:KQpHyYxId.net
大人になったな奈央ちゃん。。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/25(月) 23:02:17.58 ID:xNNDjcgj0.net


66 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/26(火) 01:57:31.44 ID:d8ftsHOCp.net
バナナ「恨みまーす恨みまーすあんたのこと死ぬまでー」
南沢・若林「誰お前」

67 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/27(水) 16:25:28.36 ID:lYirqrjf0.net
関西援交の千春に似てる

68 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/29(金) 17:12:54.52 ID:/k5ntHFe0NIKU.net
https://www.bookbang.jp/minamisawanao/article/570

妙に詳しく書くとコピペと判明するからな

69 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/06/30(土) 05:36:41.07 ID:CtfSONWQK.net
内山りなは、吉田栄作と交際か

55 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★